看護師と一緒に働く専門スタッフとは

看護師は医師以外にも多くの専門スタッフと一緒に働くことになります。今回は専門スタッフについて紹介しますね。

★臨床検査技師
病院、診療所などの医療機関で医師や歯科医師の指示の下で厚生労働大臣の免許を得ている国家資格者です。微生物学的検査によって生物やウイルスを調べたり、血清学的検査で免疫状態や輸血検査を行っています。

他にも血液学的検査や病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査など様々な検査に携わっています。 心電図・呼吸機能・心音図・脳派・血圧・超音波・MRI・尿・糞便・血液などの検査を行っているのが臨床検査技師です。

★理学療法士
国家資格者であり、リハビリを担当しています。病気、怪我などで身体に障害のある人たちに対して歩行や起き上がり、立ち上がり、筋力回復などの運動機能の回復を図ります。スポーツ選手や高齢者に対しても運動療法などを行っています。

★作業療法士
作業療法士はOTと呼ばれている国家資格者です。高齢者・発達障害者・身体障害者・精神障害者などに対して工芸・園芸・手芸などの作業を通して応用的動作の回復を図る訓練を行っています。リハビリテーションセンターや療護施設でも活躍しており、今後も需要が高まる見通しです。

★薬剤師
処方箋に基づいて調剤を行ったり、医薬品の管理や供給などを担当している国家資格者です。病院以外にも薬局や時には在宅患者の自宅を訪問して服薬指導などを行うことがあります。

★栄養士
病院以外にも保健所・学校・社員食堂などで活躍しています。国管理栄養士国家試験に合格した国家資格者です。近年では老人ホームやフィットネスクラブなどでも活躍しています。

★ケースワーカー
生活困難者や高齢者、心身障害者などの生活上の相談に乗る役割があります。社会福祉主事の資格を持ち、社会保険事務所で勤務する場合は地方公務員として採用される必要があります。

他には病室の清掃や入浴介助を行う看護助手、言語聴覚障害者やその周囲の方々のケアを行う言語聴覚士、レントゲン技師とも呼ばれる診療放射線技師など様々な専門スタッフと連携をとって働いています。